火災保険の選び方がわかるサイト

みなさん、火災保険って入っていますか?
医療保険・生命保険の見直しが流行っていますが、火災保険については盲点になっているという場合も多いのではないでしょうか。
あるいは、火災保険の必要性や選び方がよくわからなくて、そもそも火災保険に入っていないという方もいらっしゃるでしょう。

火災保険は、名前の通り、住んでいる家などが「火災」の被害を受けた時に補償してくれるだけでなく、ものが落ちてきて壊れたり大雨などで浸水した場合などでもフォローしてくれる保険もあります。
「私は注意深いので絶対火事を出したりしないから火災保険は必要ない」と思っている方も多いかもしれませんが、ご存知でしょうか、お隣などから家事をもらってしまった場合、どうも日本の法律では出火元のお宅に損害賠償を求めることはできないようですよ。

一方で、賃貸物件の場合は、賃貸契約を終える場合に(そこから引っ越す場合に)借りた状態に戻すことが義務付けられていますから、もしあなたがボヤなどを出してしまったら、あなたの借りている部屋を元通りにするための費用がかかります。火災保険に入っていたらこれらを補償してもらうことができます。

どうやら火災保険は必要らしい、でも余分な経費はかけたくない、そんな方は、火災保険についてまずはしっかり情報収集して、自分に最低限必要な火災保険は何かチェックしてください。
調べる際には、以下のような火災保険を選ぶ時の注意点や手続きに関するお役立ち情報サイトがありますので参考にしてみてくださいね。

火災保険の選び方★はこちらです。

カテゴリー: 保険関連 | コメントをどうぞ

ダイレクト保険について

ダイレクト保険についてご存知でしょうか?実は、この保険は自動車保険でありまだ日本においては歴史が浅いものとして認知されています。外資系の保険会社が取り扱いを主にしていたのですが、最近では日本の各保険会社からも販売されており、人気が急上昇しています。

ダイレクト保険の最大の特徴は、従来に比べて保険料を安く抑えることが可能となりました。その理由は、通信販売になります。従来の保険は、代理店を通しての販売が主でした。これは、手数料や人件費など無駄な経費が発生していました。これによって保険料は高くなったのです。しかし、ダイレクト保険では保険会社とそれこそダイレクトに契約することができます。ダイレクト保険では、その分コストを抑えることができます。

ダイレクト保険に加入する前とダイレクト保険に加入した後では、保険料の違いに驚く人が多いです。この保険では、契約者の免許証の色や保険等級などによって細かく保険料の設定をすることができます。乗る距離などに応じてコースが選べますので、人それぞれで保険料が変わってきます。こうした特長があります。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ペット保険で保障される内容あれこれ

ペット保険では通常ペットの病気やケガで医療のお世話になった場合に治療費が支給されます。(金額は治療費全額だったり、一部だったり商品によって異なります)
標準の保障以外に特約としてペットが車椅子を必要とする場合の費用保障や、葬儀費用保障など、個性的な特約を用意している保険もありますので役に立ちそうな特約は付けた方が良さそうです。
 
ペット保険を選ぶ時のチェック項目としては、「治療費の何割支給されるのか」「保険が適用される動物病院に制限はあるか」「保険適用外の病気やケガについて」「保険金の支払い回数は何回まで?」「保険金請求にはどんな手続きを行うのか」「保険金請求から支払いまでにどの位の時間を要するのか」などは重要なので予め調べておきましょう。
また、ペットを飼うにあたりペットの医療費にばかり目が向きがちですが意外と多いトラブルが「ペットが他人に迷惑をかけた場合」の賠償責任問題。そう言えば某俳優と女優の飼っている犬が同じマンションの住人に大怪我を負わせてかなりの和解金を支払ったなんていうニュースもありましたよね。状況によっては大きな金額を請求されるケースもあります。ペット保険ではこういった賠償責任に関する補償の特約もありますので、獰猛な動物などを飼われている場合は検討材料にした方がよろしいかと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

生命保険を加入する時のお勧めと見落としがちな点とは?

いざ生命保険を選ぼうとすると、たくさんのプランや保険商品があるのでどれか選べば良いのか悩む、といった方がいっぱいいるそうです。
そんなわけで、まずは実際加入することを考えて詳しい想定を膨らませていくことをお勧めします。
 
例をあげると、一生涯保障が続くわけではない定期保険に加入した場合・・・満期を過ぎると保険料は上がります。そうやって保険を満期ごとに続けていった場合、終身保険の保険料と比較して払い込んだ保険料のトータルが得なのか損なのか・・・・
医療保障は別に医療保険に入った方が手厚いプランを組める場合もあります。医療保障も例えば入院日数は少なくてもいいとか、がん家系なのでがんの治療に特化させたいとか、自分が抱えるリスクで必ずつけておいた保障内容も異なるわけです。
生命保険ランキングなどにはそういった具体例も記載されていますので大変ためになります。
 
保険に加入する時、保険代理店の担当者は加入時だけではなく、何か困った事が起きた場合に相談して対応してもらう事になるわけですから慎重に選ぶべきです。
契約を結ぶまでは親切だったのに、いざ保険に加入したら音沙汰がない・・・・などといった事では何のために高い保険に入ったのか分からなくなります。
ですから、しつこい勧誘をしてこない、必要ではない保障は削った提案をしてくれる・・・・など、保険相談の段階から「本当にここで加入していいのかな?」というように見極めるようにしましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

がん保険比較するなら

がん保険のニーズは年々高まっています。改めて説明するまでもないですが、がんと診断されたときの一時金、入院費用、通院費用、手術費用、死亡保険金などを保障する内容の保険ですからがん治療時の経済的な不安を減らしたいと言うニーズを達成することが出来ます。
 
がん保険販売中の保険会社にはいくつかの優良会社がありますので比較して自分に有益ながん保険を選ぶことをおすすめ致します。
がん保険の比較こちらをご覧下さい。
 
私個人的にこれはいいなと思っているがん保険
三井住友海上あいおい生命「新がん保険α」(入院・手術・診断・在宅療養・先進医療(最高1,000万円まで)・死亡・高度障害の給付金がおりる)
NKSJひまわり生命(一般的な医療保険以外に、がん入院重点医療保険・がん保険(契約年齢18歳~75歳、終身、60歳払済・終身払)・女性のためのがん保険(契約年齢18歳~75歳、保険期間10年・90歳まで自動更新)などを販売している)
アフラック「生きるためのがん保険DAYS」(治療後の生活サポート、検診費用などの給付金などが他のがん保険との差別化されている)などがぱっと思いつくところかと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ